披露宴会場でのマナー

subpage01

結婚式にマナーがあるように、披露宴会場にもマナーがあります。

大人としてのマナーをきちんと身につけておきましょう。
披露宴当日の遅刻は厳禁です。

30分前には受付を済ませます。



遅くても15分前には到着しておきましょう。



余裕を持って到着しておく事がマナーです。



もし遅れるようならば、どのくらい遅れるかを会場に電話をして新郎新婦又は、受付係に伝えてもらう様にして下さい。
貴重品類を入れる小さいバッグ以外の荷物やコート類などは、披露宴会場に持ち込まずクロークに預けます。メイク直しや身だしなみは、席に着くまでに済ませておきます。

この時、携帯電話をマナーモードにするか電源を切っておきましょう。

受付では、招待状を示し「新郎新婦の友人の◯◯です。

本日はおめでとうございます」と挨拶をします。



この場合フルネームで伝えてあげると受付の方も確認しやすくなります。



お祝い金を持参している場合は、ふくさから出し受付係に「おめでとうございます。
心ばかりですがお納め下さい」などと一言添え、両手で差し出すと良いです。



芳名帳に記入する際は、丁寧に心を込めて署名しましょう。
自分が代理として出席している場合は、招待された本人の名前を記帳し、その横に小さく「代理の◯◯です」と署名する事を忘れないように気をつけましょう。
開宴までは、ロビーや控え室で待ちますが、この時友人などに会ってはしゃがない様に気をつけてましょう。また、新郎新婦や両親、親族などが入り口で出迎えている場合は「本日はお招きいただき有難うございます」などと挨拶をして部屋に入るようにしましょう。
招待客としてのマナーをわきまえつつ、披露宴会場を盛り上げましょう。

関連リンク

subpage02














さまざまな披露宴会場のスタイル

披露宴会場のスタイルは、定番からオリジナルスタイルまでさまざまです。代表的な披露宴会場について、メリットとデメリットをご紹介しましょう。...

NEXT
subpage03














披露宴会場の種類について

今日、様々の種類の披露宴会場が増えてきました。いろいろなモチーフの会場があるので演出も凝ることが出来ますね。...

NEXT